不妊治療


不妊には多くの原因があるが、ここでは男女ともに医学的には何の問題もないのに
何故か妊娠しない場合を取り上げて、女性の体の変調及び妊娠可能な体に近づける方法を述べます。
 漢方の基本的な考えとして
肝は子宮をまとうといいます。
これは、肝の経絡の変調は、女性の生殖機能の低下をきたす原因を作るということです。
 肝の経絡というのは、全身の血液の貯蔵や血量の調整、筋肉の調整、目の調整、生殖機能の
調整等を行う働きを意味し、肝臓の働きそのものも含みます。
 次に、肝を養うものは腎の働きと捉え、
腎の働きを高める事が"肝即ち女性の生殖能力の向上のもとである"と考えます。
 この場合の腎とは、主に副腎を示しています。
所謂補腎を行うと良いわけです。
補腎の法というのは、漢方治療の基本となるもので、その人の身体の、
主に五臓六腑の弱いところを補い、強い所を抑える治療法です。
 家庭でもできるツボとしては、
内関、三陰交
などがあげられます。
これは弱いところを補うツボです。
このツボにお灸をしたり、指圧してみましょう。

内関 三陰交
もっと詳しい解説を必要な方は「不妊のメカニズムと家庭でできるツボ療法」
を500円でファイルを販売します。


 
詳しいお問い合わせは
質問・予約メール
福本鍼灸院の免疫ツボ療法へ