足の少陰腎経(作強の官)

人体の生命活動の源


福本鍼灸院蔵書


体表を巡る経は赤線で、体内を巡る線は水色
 この経は作強の官といわれるように、
よく働く所と位置づけされている面がある。
なによりも腎は先天の気とされて、
遺伝的、体質的なところとされている。
腎臓本体は、
血液中の不要物を濾す重要な働きを持っているが、
漢方では副腎を特に重視しており
ここより分泌されるホルモンは
骨髓における血球の元となる、
白血球の生成に深く関わっており、
ひいては身体全体の
免疫力をも左右するものとなっている。
 また腎は髪や耳、喉とも深い関係がある。

 恐れの感情を持つと腎をいためるし、
塩辛いものは適度に取ると腎によいし、
摂り過ぎると腎をいためる。


赤は体表近く緑は体内を通る
腎経

腎臓・副腎の症状
顔が黒ずむ・食欲がない・身体が疲れやすい
特に、冬に体調が悪い・喉が腫れる
腰に痛みがでやすい・下半身がだるい・手足が冷える

福本鍼灸院の免疫ツボ療法へ