ギックリ腰について


ギックリ腰とは、急性の腰痛の一種です。
重いものを持ち上げる、段差につまづく、くしゃみをする等の
急激に腰部に荷重がかかる動作の際に発生します。
症状としては、腰部の激痛、特に運動痛が激しく
身動きが取れなくなることも多くあります。
病院に行っても、安静を言い渡されたり痛み止めの処方程度しか対処法がありません。
2週間前後は安静にしておくようにといわれて、
「ハイ。そうします。」といえる立場の方は、休養に良い機会となるでしょう。
しかし、ほとんどの方は、明日の仕事に差し支える場合が多いようです。

そういう方は、福本鍼灸院の鍼灸治療をお勧めします。
腰の状態だけを診るのではなく、内臓の症状を探り、
適正な鍼灸治療をおこなうことで、
かなりの短期間で立って歩けるようになるケースが多くあります。
ほとんどは、1回の治療で立ち上がり、次の日は仕事もできるが、
まだ時々痛むので数回治療をおこなうということが多いようです。
遠方で当院に通院できない方は、ギックリ腰治療が得意かをお尋ねの上
得意な鍼灸院での鍼灸治療をお勧めします。


では何故、腰痛が起こるのでしょう。
原因の多くは、普段何度も経験しているような些細な衝撃がほとんどです。
何が分かれ目となって、ギックリ腰は起きているのか、
それは身体全体の健康状態が強く関わっています。
腰は体の重心であり、最も強い荷重を受けるところです。
また腰は全身の大部分の動作を支える土台にもなっており、他の部位の動作の影響を受けます。
つまり、体のどの部位に不調が起きていても、
それをある程度腰でカバーし、負担を引き受けているのです。
もちろん筋肉の動作は、内臓の活動によって支えられている部分も多くありますので、
それらの不調が及ぼす影響も決して小さくありません。
こうした負担が腰に集約され、疲労が溜まっていると、急激な動作の際に反応が遅れ
周囲の筋肉との協働に失敗し、結果として腰部の組織を痛めてしまうのです。
つまり、積み重なった疲れやストレスにより、体の機能の臨界点に達していたからです。

この痛みですが、傷ついた腰部の組織から来るものと、周囲の筋肉の過緊張から来るものがあります。
動作時の激痛は後者から来るもので、ある意味でこれがギックリ腰の本体とも言えるでしょう。
筋肉の過緊張は、本来は傷ついた腰部を守るための機能で、
腰部に動作(=加重)が発生しそうになると、筋肉は急激に収縮して関節を固め、それを阻止しようとします。
しかし、その収縮する筋肉そのものが傷ついているため、かえって激痛を発生させることになります。
これが身動きが取れなくなる原因です。

つまりはこの過緊張を沈めることが、ギックリ腰の治療には重要となってくるのです。
この過緊張は、漢方ではの狂いと捉らえます。
そこで、腰の状態だけを診るのではなく、内臓の症状を探り、
適正な鍼灸治療をおこなうことで、
かなりの短期間で立って歩けるようになるケースが多くあります。
ほとんどは、1回の治療で立ち上がり、次の日は仕事もできるが、
まだ時々痛むので数回治療をおこなうということが多いようです。

また、足を攣る、首筋を寝違えるのも比較的近いメカニズムで発生します。
これらが起きやすい人やたびたび、ぎっくり腰を起こす人は、
腰が少し冷えておかしいなと思う時に、
へその上とその真後ろの カイロ療法をするとよいでしょう。

詳しくは当院までお問い合わせください。
福本鍼灸院の免疫ツボ療法へ