五十肩 (肩関節周囲炎)

   五十肩とは、五十代を中心に発生する
   肩関節周辺の炎症性病変です。

   五十肩の発症には、加齢による筋肉や腱の衰えや、
   ホルモンバランスの変化が関与していると
   いわれています。

   主な症状として、肩関節部の痛みがあり、
   特に後頭部や腰に手をあてる動作の際に強い痛みが発生します。
   また夜間に痛みが強くなる傾向があり、
   睡眠の妨げになっていることもあるでしょう。
   五十肩は放置していても、一年程度で症状が
   消えてしまうことがあります。
   しかし、その場合には肩関節の動きが悪くなる、軽度の痛みが残る等の
   症状を残すこともあります。
    何より、それまで痛みを我慢しなければいけないのが最大の問題でしょう。

   当院では漢方理論に基づいて、鍼治療と低周波を使い、
    痛みを取り除き、肩関節の可動域を取り戻す治療を行っています。

    当院の治療例の多くでは、速やかな治癒が見られており、
   早く痛みを無くしたいと言う方には、特にお勧めです。

   五十肩の事でお悩みの方は、ぜひ当院にご相談ください。