効果的なツボのもみ方
身体の不調、病気はつらいものです。気持ちも暗くなってしまいます。
その原因は五臓六腑の不調和から来ることが多いのです。
漢方には、経絡という気血の通りが全身を駆け巡っているという考えがあります。
 特に、大切なツボは、腕の場合はひじより下、足の場合は膝から下にあり、自分の手の届く範囲にあり、便利にできています。
つまり、自分自身であなたの症状に応じた正しいツボの場所にお灸、指圧をすることにより、あなたの症状は改善されるのです。
人間の身体は、自分で治せるようになっているようです。しかし、同じツボでもいろんな作用があるので、組み合わせによっても働きが変わってきます。
そこで、専門家の手助けが必要になります。
ここに載せているつぼ療法は、当院での治療を通して効果が高く、誰でもどこでも簡単にできるツボを独自に設定しています。
 本来は,お灸をお奨めしてます。今は、かたのつかない誰でも簡単にできるお灸が多く市販されていますし、手にいれにくい方は当院にも用意してますので、気楽に始めてください。
お灸の効果は素晴しいものです。
しかし、お灸はどこでもするという訳にはいきません。
そこで,当院独自のお灸に匹敵する揉み方を考案しました。
まずツボの部分を、適度に赤くなるまで揉み、その赤みが消えたら 又同様に揉むという事を数回繰り返してください。
簡単なようですが、この赤くなる迄というのがコツです。
但し、この図はオーバーに表現しています。
1回に付1〜2分以内にして下さい。
この方法で、自分にあてはまるツボを暇な時に、揉むという習慣をつけてください。
 特に、慢性病で通院、入院されている方は病院の治療と併用することによって、よりよい結果が期待されますので、あせらず気長に続けましょう。
部位別のツボで、いくつかツボがある場合、( )で囲まれてるツボが一番重要なツボですので、面倒くさがりやさんは このツボだけでも揉むようにして下さい。

topへ