睡眠と内臓の関係
適度な睡眠
十分な睡眠が疲労を回復させ、五臓六腑が調和され健康へと導く。
睡眠不足
不眠症
起きている時間が長いため、 新陳代謝が盛んとなり疲労物質が溜まる為、 それを大量に代謝する必要が生じる。
その為肝臓に負担がかかり、肝臓の不調へとつながる。
改善のツボ
太衝
忙しい為
起きている時間も長く、 労働している為に新陳代謝が特に活発となり 肝臓(代謝作用)腎臓(ろ過、排泄作用)心臓(ポンプ作用)に それぞれ負担がかかり、臓器不全へと導く。
改善のツボ
勇泉
労宮
睡眠過多
眠っている時間が長い為、体内の新陳代謝が低下する。
1)血液中の糖分が消費されにくいため血糖が上昇し 血液が粘り血行不良となり血栓ができやすくなる。
改善のツボ
合谷
2)筋肉の動きが少ないことにより、静脈の流れが悪くなり血行不良を起こし、 内臓の働きが悪くなったり、免疫力の低下から、風邪をひきやすくなる。
改善のツボ
内関


福本鍼灸院の免疫ツボ療法へ