耳の調子の悪い方
 一般的には、首から肩にかけて、こりの強い方も多く、また、漢方では耳と腎(腎臓と副腎)は深い関係があるとされていますので、
腎の強化のために、『太谿』、『合谷』
首、肩のこりのためには『外関』
又、首の骨を正しくするためには 『後谿』を用います。

topへ