漢方の知恵・日本の伝承医学の鍼灸の知恵を結集したツボの力でEDを改善しましょう。

37歳独身です。
この夏から急に勃起しなくなり、病院で自費検査をうけたところ心因性のedと判断されバイアグラを処方されました。
バイアグラは一時的なもので根本的な治療にならないし、高価で副作用の心配もあります。
結婚を考えている相手のことや将来のことを考えると不安で眠れず不眠症のうえ仕事も手につかない状態です。
鍼灸で改善されるのでしょうか?
また家庭でできるつぼのマッサージとかはあるのでしょうか?
かなり深刻に悩んでます。

心因性のed(勃起不全)についての考察


 夏におなかを冷やしすぎたために小腸に負担がかかったり、
又暑さのために心臓に負担がかかり続けたりすると、
その人の体質的な五臓六腑の働きの強弱によって、
肝臓の働きに変調をきたすことがあります。
漢方では、
「生殖機能は肝経と深い関係がある」といわれています。
その為、インポテンツ等生殖機能の不全という症状が現れます。
又、「肝の変調は目が開く」ともいわれ、
これが不眠の症状として現れるのです。
鍼灸治療をおこなう場合、
特に内臓を支配している自律神経の調整からおこない、
肝機能を高めますので、身体を診て正確に鍼灸治療をおこなえば
積極的な治療法として大きな効果が現れます。
一般的なツボ療法を行う場合の場所を書いてみます。
手:曲池内関
足:足三里照海太衝
背中:小腸兪・腎兪・左胃兪・右肝兪・身柱
腹部:へそを中心として、膏兪(こうゆ)・水分・関元
 
のツボが良いでしょう。
以上のツボを指圧するなりお灸するなりしてみてください。
(ツボのもみ方参照)
市販の使い捨てカイロを使っておこなう簡単なカイロ療法の場所は、
下腹部(関元を中心にした)とその真後ろです。
食事療法としては、
身体を温める作用のあるもの(かぼちゃ、サツマイモ等)を積極的にとるようにしましょう。
又、繊維分の多い食物を摂ることによって、大腸がより正常化し、これに連動して肝機能も向上します。


福本鍼灸院の免疫ツボ療法へ