EDにおける漢方的考察及び養生法

EDの症状が鍼灸治療で改善するという事をご存知ない方が多いようですが、
当院では大きな効果をあげています。
身体を診た上であれば、より適切なツボの設定等可能ですが、一般的なことを述べてみます。
漢方により考察すると、インポテンツは、肝経の弱りにより、発症すると考えます。
つまり肝臓が変調することによって、全身の筋肉が硬くなったり、けいれんを起こしたり、
目に変調がきたり、生殖機能の不全が起きたりします。
また、肝臓は春の季節にその機能の高まりを見せるものであるので、
体を春のような状態にさせてやることが、インポテンツを治すには、最も大切な基本といえます。
春にあたる肝を高めるには、冬に当たる腎を強化すること、つまり『補腎』が、ポイントになります。
(漢方では、「春は肝」「夏は心」「秋は肺」「冬は腎」というように、
季節と臓器の働きが深くかかわっていると考えます。)
運動療法

疲れない程度に散歩をすると、食欲が刺激されて、大腸にもよい影響が及び、
これがやがて腎臓、特に副腎の強化へと結びつきます。


食事療法

適度の酸っぱさは、肝臓を養い、適度の塩辛さは腎臓を養います。
例えば、梅干を食事毎に食べるようにするのも簡単で効果的な方法です。


睡眠療法

夜更かしは、体によくありません。特に、午前1時から3時迄の間の睡眠は重要です。
「腎は夜作られる」といわれるように、活力の元がこの時間に作られるように体ができているようです。
ですから、この時間の睡眠が腎を強化させ、肝が高まり、「眠りは肝臓を養う」という結果となるわけです。
他の時間帯に睡眠時間は充分とっているのに何か元気が出ないと思っている方も、
この時間の大切さを認識してください。
もし、仕事の関係上どうしても無理な場合は、こういう考えを理解して、
肝及び腎を高める養生を人以上に努めてください。


イメージ療法

男性(陽)と女性(陰)の関係がギクシャクしてるのもよくない事です。
床に入って、寝るまでにパートナーのことに思いをめぐらし、
人間誰しも長所、短所併せ持っているものですので、特に相手の女性の長所のみを思い浮かべ、
女性らしく、優しく、自分にとってかけがえのないというイメージを膨らませることが大切です。


呼吸療法

床に入って寝る前に、一分間くらい肩の力を抜き、
へそに向かって口から空気を入れながら腹をふくらませましょう。
次に、へそをへこませると同時に、口から空気を吐き出しましょう。
いわゆる腹式呼吸をしましょう。
腹部の副交感神経が刺激されて、生殖器の血流が促進され、
同時に小腸の働きもよくなって、門脈を通じて肝臓の血流もよくなります。


歩き方

足の親指は肝の領域ですので、意識的に親指で大地をしっかりと押さえると、
肝臓の血流がよくなります。


肝臓を養う色

漢方では肝臓は青(緑を含む)とされています。
身近なところに、緑の観葉植物などを置くようにしましょう。
青色(緑)は肝臓を安定させ、活性化します。


青年期より壮年期に多くみられるもの
*虚弱体質の場合


まず、脳、神経学的に述べると、脳に性的興奮が起こり、
それが脊椎に沿って神経伝達が下方に向かい、
腰髄にある勃起中枢を経て、ペニスへと伝わっていきます。
つまり、虚弱体質の場合、大脳の性的興奮が起こりにくいことが考えられます。
では、どうすればよいのでしょう。
漢方では、大脳を支配してるのは五臓六腑だと考えています。
大脳に充分な栄養を持った血液を送る必要があるわけです。
次にこのタイプの人は、一般に、胃と腸が弱くて、
不安定な状態が続いている場合が多くあります。
時々、大食をしてみたり、食欲があまりない事があったりするものです。

ストレスの多い人の場合


ストレスというのは、人にとって嫌な事で、
人体をアンバランスな状態へと持っていこうとします。
大脳の働きによって、これを正常な状態に戻そうという作用が当然起こってきます。
このとき、肝臓において、色々な化学反応、つまり、代謝、ホルモン分泌、
解毒などの作用が常よりも活発に起こってきます。
その結果、どうしても肝臓に血液が多く集まり、
又肝臓も疲れ気味になるので、内臓体壁反応によって、
背中の左肝兪辺りが硬くなり、盛り上がって、
背骨のバランスをとる必要が生じ、背骨を微妙にですが、
引っ張り上げたり、下げたりして背骨にゆがみが生じ、
コリの移動が始まります。
背骨にゆがみが生じた為、肝兪の上の部分にコリが移動した場合は、
心臓の不調、肩こり、首のコリを生じ、
下の部分に移動した場合は、腰痛、仙骨のゆがみ等を生じさせます。
下方に症状が進んだ場合、
腰痛、仙骨のゆがみ等が腰髄の変調を招き、
勃起力の低下へと進んでいくわけです。
だからこのような場合は、まず肝臓の疲れをとることが第一になります。
漢方では、『肝は腎より生ず』とあり、『腎』を強めることも大切です。
又、腰髄を正常化するために仙骨部のツボも大事です。

高齢者に多くみられるもの(若いときは元気だった人の場合)


人の老化は先ず、背骨の変調より始まります。
その結果、色々な痛みや、機能低下が起こってきます。
ですから、先ず第一に背骨の調整を行う必要があります。
その結果、神経の伝達経路が正常化されます。
これで、大脳から末端の器官へと、よく血流が流れるようになります。
次に、胃腸を整えることにより、栄養に富んだ血液が肝臓に入り、代謝が盛んになり、
又腎臓に入ってよりきれいな血液となり、骨髄もよりよい状態となり、
良い血球が生産されていくのです。
更に、腰仙部に刺激を与えることにより、生殖器管がより活性化されるのです。

福本鍼灸院の免疫ツボ療法へ