漢方の知恵・日本の伝承医学の鍼灸の知恵を結集したツボの力でつわりを改善しましょう。

つわりついての考察


胎児を養う必要がある為に、
母体の代謝・分解作用が高まる為肝臓・腎臓に負担がかかります。
その為に不快感がつわりとなります。
漢方のツボ療法としては、ツボの場所は
 一般的には、
肝臓の充血は胃の不調となりますので「足の三里」
腎臓の疲れには大腸を活性化する「合谷」
が適当です。
しかし、妊娠というデリケートな時期ですので、
できたら来院していただき診察の上、
体調・体質に応じたツボを設定するほうが安心かつ確実です。
来院が無理な場合は、
ご自分の責任において、様子を見ながら充分に体調を考慮しながら
指圧やお灸をしてみてください。
質問・予約のメール
福本鍼灸院の免疫ツボ療法へ