漢方の知恵・日本の伝承医学の鍼灸の知恵を結集したツボの力で顔面神経麻痺を改善しましょう。

顔面神経麻痺における漢方的考察


 顔面神経等に動脈が触れる事による、動脈のはく動・圧迫による刺激に、神経が常にさらされることになります。
 その状態になることによる神経の異常な働きによって、顔面の神経に変調を生じます。
動脈が、顔面神経に触れる原因として、血管の老化、変形などがあります。
 これが起こる主な原因の1つとして、腹部における腸間膜のうっ血があげられます。
なぜならば、腸間膜のうっ血状態は、頭部の血管にも連動してうっ血を起こすという働きが、人体にはあるからです。
 漢方では、「面口(めんこう)は合谷(大腸のツボ)にあり」といって、顔面の変調の大きな原因の1つとして大腸などの腸に源を求めています。
つまり、日常的な生活において、食べ過ぎたり、冷たい物を飲みすぎたり、水分を取りすぎたり、又過労による腹部の冷え等により、腸間膜にうっ血を生じ、それが頭部の血管にもうっ血を生じやすくし、動脈の変形を促進する結果、顔面麻痺が生じやすくなるというわけです。

改善・予防のツボとして下記のツボがあります。


腹部の調整のツボ
胃を整える              :中かん
腎臓を整えて水分代謝を促進する    :こう兪
大腸を整える             :天枢
小腸を整える             :関元
水分代謝を整える           :水分
手のツボ
 大腸のツボ:合谷
 小腸のツボ:後谿
 腹を温めるツボ:外関
足のツボ
 胃のツボ :足三里
 腎臓のツボ:照海


福本鍼灸院の免疫ツボ療法へ