運動と内臓の関係


適度な運動
血糖値が正常化し、糖の血中濃度が正常の為、血液の粘度が低下し、血球の動 きが活発化する事により血流が良くなり健康ヘと導く。
筋肉の活性化が静脈の流れをよくし、血圧を正常にするとともに、肝臓の貯蔵 栄養が適度に消費され肝内の血流が活性化される事により、肝臓の働きがよくな り、腎臓が正常化し健康へと導く。
運動不足
筋肉の動きが不足し、静脈の血流が低下し、 血圧上昇や全身の血流低下を招き、内臓の働きや 免疫力の低下へつながる。
改善のツボ
内関
三陰交
エネルギー消費少ない為、血糖が上昇する。
(1)血流が悪くなり、内臓の働きが低下し、全身のだるさにつながる。 又、末端まで血液を送る必要があるため心臓の収縮力が強まり 血圧が上昇し、脳出血の危険性へとつながる。
改善のツボ
足三里
(2)糖の分解,貯蔵の役目の肝臓の負担が多くなり 肝臓の不調へとつながる。
改善のツボ
太衝
(3)血糖調整の為腎臓の負担が多くなり、腎臓の不調へとつながる。
改善のツボ
照海
激しすぎる運動
筋肉が疲労し、その疲労物質の解毒,分解の為 肝臓が過度に活性化する為、肝臓が疲れすぎ不調へとつながる。
改善のツボ
太衝
筋肉のエネルギー消費が多い爲、血中の糖が使われ血糖が低下気味となる。
(1)内臓の栄養不足が貧血,疲れを招く。
改善のツボ
湧泉
(2)肝臓の貯蔵栄養が不足気味となり門脈(肝臓の栄養血管)の 活性化の為,小腸、胃の活性化が必要となる。
改善のツボ
足三里〔胃〕
後谿〔小腸]


福本鍼灸院の免疫ツボ療法へ